FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > ムービー スライドショー

結婚ムービー スライドショー ~結婚2か月前~

結婚2か月前。

定番にもなりつつある新郎新婦主演のムービーに取り掛かることに。

本番では、新郎新婦の入場前や、お色直しの前の入場に使うことが多い?!

ただ、ムービーと一口にいっても、

・新郎新婦生い立ちムービー
・オープニングムービー(映画の告知や、演出幅の大きい動画)
・エンドムービー(当日の写真+出席者エンドロールのやつ)



など種類があって、式場にお願いすることもできるし自作もできる。
(業者にお願いすると、1タイプ5万円強ぐらいから)

僕らは相談の結果、お色直しの再入場前に「生い立ちムービー」を自作して流すことに。


パソコンの中から2人が出会ってからの写真を集めてみた。枚数にして20枚くらい。

それから大学時代の写真も集めました。

取捨選択はまだしないで、少しでもいいと思ったものはピックアップ。


親にも小さいころの写真を送ってもらった。せっかくなので親の若いころの写真もオーダー。
初めて見る写真もあって楽しい準備♪


そうこうして、約300枚近い写真がそろいました。(こういうとき、親って結構はりきるんです)



写真を選ぶ前に、アナログ写真も全部スキャンしてデジタルデータに。


さて、これを一覧にするいい方法はないものか。

WEBには、エクセルでアルバムを作れるファイルもあって試してみたがどうも使いにくい。


あと使う写真を選んだり、写真にコメントをつけていくんだけど、
共働きの僕らはそれぞれ会社の空き時間などに作業をするため、エクセルはファイルの同期がとりにくいという問題が発生。

いろいろ探したあげく、Google Picasa を使うことに。

これなら、写真を元データサイズのまま(圧縮なしで)アップロード、
一覧表示ができて、1つ1つの写真に説明文もつけられる。

WEBだからファイル同期の手間もないしアップロードも速くて快でした。

プレゼンテーション1
Picasa イメージ


写真を見ながら、◎(絶対使いたい!)、△(2次候補)、×(まぁ外してもいいかな)と仕分けしていった。

新郎3分・新婦3分・出会って2分、という構成で120枚くらいの写真を使うことに。
(結構多いけど、わりとスピーディに切り替えたら気にならない量だった)


写真をスライドショーにして見ることもできるし、コメントのイメージもわきやすい。


音楽も選んで(これが時間かかるw)、もろもろコメントも考えて完成。

ここらへんは演出部分なので、気が済むまで。


でも編集自体は驚くほど簡単。これで数万円の節約になるなら安いもの。


あと、せっかくなので、生い立ちムービーからもれてしまった写真たちをつないで、
待合室用のムービー、通称「垂れ流しムービー」も作成。

垂れ流しムービーに使うから、、、と、写真を迷いなく決められたので意外とおススメかも。


格言:自作のスライドショーで節約するべし




スポンサーサイト



結婚ムービーに使う楽曲

プロフィールムービーに使う曲も、悩みに悩みこの3曲に決定!!


明るい感じ。だけど、家族との思い出の写真ばかりなのでどこか優しい感じの曲を探しました。

曲の節目と、スライドの切り替わりを合わせると綺麗に見えるので、
フリーソフト「audacity」などで、曲の長さやテンポ、トリミングなど調整しました。


 ◆新郎プロフィール
   ・Joy to the World Three Dog Night

ジョイ・トゥ・ザ・ワールド ~ベスト・オブ・スリー・ドッグ・ナイト




 ◆新婦プロフィール
  ・It doesn't stop マイア・ヒラサワ

Boom!(ブーン!)





 ◆2人の紹介
  ・can't behave Courtney Jaye

Traveling Light




格言:プロフィールビデオの音楽は、自分のテーマ曲として選ぼう




ムービー作成に役立つサイトを見つけました

感動的な結婚式のムービーを費用を抑えつつ作成するための7つの手順

非常に参考になるページです。

自分なりの考えも加えてこのサイトを紹介していきます。

そもそも、
「みんなは、ムービーを自作してるの?頼んでるの?」という疑問、
僕がこれまで行った&運営した結婚式2次会は、自作が多かった印象。

結果としては、だいたい半分くらいの方は自作にチャレンジしてるみたいです。
データ付きで紹介があります。


ムービーといっても種類があります。だいたい以下の5パターン。

(A)オープニングムービー(開演前向け、2次会にも)



(B)生い立ちプロフィールムービー(開演前向け、2次会にも)



(C)列席者へのメッセージムービー(中盤向け、お色直し)



(D)サプライズ&企画ムービー(後半向け)



(E)挙式披露宴ムービー(閉宴時、2次会向け)




(A)や(D)のタイプは、1から生み出すよりも、パロディーが確実かも。
最初から最後まで、パロディするのも骨が折れるので、冒頭部分だけ、
しかもCMをパロディーするくらいがやりやすいかもしれませんね。

最も多い(B)のムービーは、フレームを変えて大量生産するのは超簡単、だけど、
1作品だけを作るのは結構手間がかかるムービーです。

その意味では、業者や有料ソフトも手ですね






ムービーのクオリティアップの方法


ムービーのクオリティをあげるには、まずは素材から!
有名な音楽を使ったり、綺麗な写真を使ったりすること
(著作権を気にしなくていいのは強み)

曲で会場の雰囲気は一気に傾きますから丁寧に選びましょうね
結婚式に合う曲のまとめ

感動系が多いですが

Happyがコンセプトだった僕らが使った曲はコチラ


さてさて、音楽・写真・テーマ(枠組み) の素材たちが集まったら編集です。


結構大事なのが、
編集で切り替わりや音楽の出入のタイミングを気持ちよくあわせていくこと
クオリティアップに重要です。

業者に任せれば、完璧に仕上がりますが、
自分たちの紹介なので、自分たちで作りたいですよね。

自分たちの中で、ムービーに割ける時間を考えながら、
一定期間(たとえば本番3週間前)までくらいは、
自作にこだわるのもありですね

もしギブアップなら、そこから業者に任せればいいのです


僕が使ってきた編集ソフトといえば、、、

ウインドウズのムービーメーカー
簡単な動画ならこれで十分です
素材を、荒く荒く組み合わせる、テストで使うのもあり

VISUAL STUDIO
「子画面など」高度な編集も可。
無料体験期間を駆使するのも一手

あとは有料ソフトもあります
 「感動かんたん!ウエディング フォトムービー6」

選ぶだけなので簡単です。業者に頼むより安上がり♪






プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました