FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 小物・演出

ラッキードラジェ

僕らが披露宴でやった演出です。

会場がとても盛り上がりました~~~


披露宴終盤のデザート、コーヒータイム。

出席者のもとへ、デザートのケーキが運ばれたくらいに。

司会から、
「皆様のもとに配られたのは、
 さきほど新郎新婦によって入刀されたウェディングケーキでございます。
 実は、この会場のどなたかのケーキにはドラジェが入っております。
 ドラジェが当たった方はお知らせください。
 それでは一斉にお召し上がりいただきます。どうぞーー!!」

※ドラジェ(アーモンドの実をお砂糖でコーティングしたおめでたいお菓子)


その発声で会場が一気に、にぎやかになった

ケーキを原型がなくなるくらい粉砕してる友人。
周りをきょろきょろしながら、あたりを探す先輩。
ケーキを普通にたべきっちゃった子どもたち。


そうこうしてると、新郎側から1名。新婦側から1名の当たりが!!

実は、このあたりは人を指名することもできる(おめでた人や特にお世話になった恩師とか)し、
グループ(大学友人の中から・・・)指定もできる。

僕らは友人というくくりだけでお願いしたので、誰に当たるかは僕らでさえも知らなかった。


そして、めでたく当選した方には、プレゼントを。

男性当選者には、これをあげた。




会場全員参加で盛り上がるので、オススメです。


格言:簡単なしかけで、盛り上がる演出を追加しよう




スポンサーサイト



Thanks ボード

Thanks ボード


これは、写真から

サンクスボード


会場の出口に。

出ようとする出席者の方へ、ささやかながら最後の演出。


みんなが写真に収めてくれて、
なんとなくエンドロールの締めのような画になればなぁと。

制作時間は1時間程度。
ホワイトボードをカッターで切り抜いて、造花を貼付。

披露宴前は、何も置いてなくて、
式場の人にお願いして、披露宴中に玄関に並べてもらいました。


なんだかんだ、みんな写真を撮ってくれて喜んでくれていたので満足です。
新郎だけで準備した唯一の作(笑)

使った道具です。

ハレパネ


造花




ハレパネが余ったので、こんなものも作ってみました。

ユニフォーム

新郎の、歴代ユニフォーム・ミニチュア


格言:小物にこだわって、オリジナリティを







両親へ贈るフォトブック

披露宴の最後、謝辞の前に、両親への記念品贈呈を考えています。

そこで、何を渡そうかと考えています。

過去、友人の披露宴で記憶に残ってるのは、生まれた当時の体重と同じ重さのぬいぐるみとか。

ただ僕ら、ぬいぐるみって柄でもなかったので花束を贈ろうか。

でも、花束だけじゃ記念品の感じが少なかったので、
せっかく集めた幼少期からの写真を生かして、フォトブックを作ることに。


披露宴中は、両親も挨拶などでゆっくりスライドショーを見れていないだろうし、
プロフィール写真集めにも協力してもらったので。。。

いろいろと調べて、頼んだのはここ。

MY BOOK

ここの作成アプリ「MyBookEditor4」がとても秀逸で、直感的で使いやすく、とてもスムーズに作成できました。


披露宴で流すスライドショーに使う素材を中心に、写真それぞれにコメント書いて、フォトブックを作成しました。

実際の仕上がりもとてもよかった。


赤ちゃんのころの写真は実物をスキャンしたデータを使用していたものの、解像度も高くかなりきれいにできました。


満足度、高し。

main_pic_art_sc_20110703121428.jpg
        マイブックHPから引用


そして本番当日。

すべてのプログラムを終え。いよいよクライマックス。

両親が前へ並ぶ。

そこに向かって歩く新郎新婦。

いつのまにか身長を追い越していた父と母。

目の前に並ぶ両親に向けて・・・。

みんなに見られて少し照れくさいけど、今まで両親からもらった愛情に、ありがとう。


母親に花束を。

父親にフォトブックを渡した。

母は泣いていたのかうつむき、父親は顔をくしゃくしゃにして笑ってくれた。

そのとき、会場は今日一番の拍手に包まれました。

両親が喜んでくれて本当によかった。


今後も子供が生まれたりとかしたら、記念日プレゼントにしようと思う。
あなたの写真がそのまま本になる。フジカラー フォトブック・スクエア

格言:結婚式で集めた写真を形にしよう




プチギフトのアイデア

今度やる2次会で、いいプチギフトがないか探してました。

お菓子もいいのですが、日常でも使える実用的なアイテムがないかと。
もちろん、予算は抑え目で。


というところで、探していると、ミニタオルに行きつきました。

結構、種類もたくさんで、見た目がかわいいし、
これなら日常にも使ってもらえて、新郎新婦のことを思い出してもらえるかなと。


まずデザインで、有力候補になったのは、コチラ




ゲストに特別感をもって渡したいときは、このイニシャル入りがよさそうです。
たとえば、席次が決まってる会なんかは、その席上に置くってのも喜ばれそうですね。




または、ウェディングケーキにちなんだ、タオルケーキなんかもおしゃれです

これは、60個セットなので、1個あたりにするとお得ですし、
このタワーを入口に置いて入場も楽しく、ラストは1つずつゲストに手渡しとかすると、いいですね



同じくデザート系で、単価の安めのドーナツ発見














カメラかビデオか ~撮影プランの選択~

カメラかビデオか ~撮影プランの選択~

先日の結婚披露宴に出席してみて、気付いたこと。

会場カメラマンがいなかったこと、その代わり、ビデオムービー班がいました。

新郎新婦の選択で、カメラより、ムービーを選んだのでしょう。

これ、結構ありかも。

僕も含め、多くの新郎新婦は、カメラを選択します。
もちろん、仕上がりの写真クオリティは満足度高いし、
パソコンの壁紙とかにもしています。

ただ写真は、参加者の多くが撮ってくれます。式後に大量にもらえます。
僕らの時は70人の参加者で、DVD5枚分の写真を出席者からもらいました。

でもムービーを押さえてくれる人はなかなかいません。
その意味で、ムービーをプロにお願いするのはありかと。

カメラ好きの友人がいたりするならば、その人が撮ってくれる写真で充分ですしね。

あと、カメラが上手な友人がいるなら、あえて
人より物を撮ってもらうお願いをするのもいいですよ。
(みんな、ありがたいことに、新郎新婦中心の構図が多いですので)




プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました