FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > ハネムーン

ハネムーン モルディブへ


7/10より1週間、ハネムーンへ行ってまいります~~


行き先は、

        モルディブ



どんな旅になるやら楽しみですが、
また旅の情報もブログに書いていこうと思います。

それでは~








スポンサーサイト



いざモルディブへ シンガポール航空の旅

モルディブへは、飛行機を乗り継いで、半日以上かかります。

午前11時、関空出発のため、2時間前の9時に間に合うよう家を出発。

三宮からのリムジンバスで約1時間で到着。
芦屋近辺の家からは、尼崎や西宮からのリムジンバスも考えましたが、実は所要時間が変わらないので三宮にしました。
三宮から往復チケットだと1人3000円(割引率は他より大きい)

空港到着後、ツアーの集合場所に行きチケットを受け取ってチェックインカウンターへ。

今回のるのは、シンガポール空港。サービスがいいということで楽しみ♪


時間まで、SFC(スターフライヤーズ)カードで入れるラウンジへ。

ラウンジは、飛鳥ラウンジかクラブANAラウンジを使えるとのこと。
ただ、シンガポール空港の搭乗口とは真逆サイド。。。。

ぶつぶついう妻も、ラウンジのおにぎりとオレンジジュースでご機嫌回復。携帯も充電で電源回復で準備OK


出発30分前、機内に入ります。
s-IMG_3007.jpg

A330便は、iphoneのコードがつなげられます。
s-IMG_3008.jpg

シンガポールまでは6時間弱。


その間に、映画「阪急電車」・「カンフーパンダ」を観ました。

機内食はこちら
s-IMG_3012.jpg

デリシャス。軽く平らげてしまいました。



そして、しばらく休憩していると、CAさんが僕らの席に来て、


CA:「○○さんですか?」

僕ら:「はい、そうですけど・・・」

CA:「この度は結婚、おめでとうございます!」
   「こちら、シンガポール空港からのお祝いです!」

s-IMG_3013_20110718180032.jpg


ということで、ハネムーナーの僕らへ、ケーキをもらいました!

お腹いっぱいだったのに、ホールケーキまるごとペロリといってしまった。


機内を楽しむ間に、あっという間にシンガポールチャンギ空港へ到着。
s-IMG_3015.jpg


旅はまだまだ続きます。。







いざモルディブへ シンガポール航空の旅②

モルディブへの移動

シンガポールのチャンギ空港で乗り換えです。

つぎの乗り換えまでは、4時間ほどあったので、空港内をぶらぶら。

チャンギ空港は、世界有数のハブ空港で超巨大。3つのターミナルからできています。

僕らは、ターミナル3に到着。つぎの乗り換え便はターミナル2から離陸予定。
時間もあったので、ターミナル移動バスを使わず、歩いて移動しました。

免税店、化粧品やお菓子やブランド品など様々なショップが並びます。
オークリーもあって、サングラスも安かった(がっくり)

ちなみに、シンガポールドルのレートは、1SD=66円(2011年7月時点)。
帰りにもこの空港で乗り換えをするので、帰りにお土産品を買うことをきめました。


さて、チャンギ空港では、無料のWIFIも使用可能。
ちょこちょこある、INFORMATIONカウンターで、IDとPASSWORDがもらえます。


あと、チャンギ空港で楽しみにしていた、地元料理。
シンガポールラクサと、チキンライス

s-IMG_3023.jpg
シンガポールラクサは、えびみそ入りのカレーラーメン??

s-IMG_3024.jpg
チキンライスは日本味に近い醤油ベース。おいしい。


そして、SFCゴールド会員が入ることができる
ターミナル2のSATSプレミアクラブラウンジですこしゆっくりして、機内へ。
s-IMG_3028.jpg

シンガポールからマーレ空港までは、飛行機かなり揺れました。

s-IMG_3031.jpg

s-IMG_3029.jpg

そして、マーレ空港到着!!

s-IMG_3033.jpg

入国審査へ向かいます。
※入国ゲートの一番右ゲートはモルディブ共和国の人専用で、モルディブ人搭乗客は少なく、手続きがすぐに終わって、
  外国人ゲートに変わるので、右よりに並ぶと早いようです。


マーレ空港から、僕らの泊まるココパーム・ボドゥヒティ・モルディブまで、船で四十分。

飛行機に酔わないよう飲んでいた酔い止めがきいて爆睡するうちに到着。

日本とマーレは「4時間遅める」時差がありますが、モルディブの中はリゾート時間があり「1時間早める」ので、
トータル日本とは「3時間」時差でした。

現地到着は23時すぎ。日本でいえば午前2時すぎ。さすがに眠い。。。

チェックインをさらっと終わらせてとりあえず部屋へ。。。

部屋に入ると、そこには、、、、
s-R0014912.jpg


明日から楽しくなりそうです。









モルディブ滞在1日目 海・海・ウミガメ!

モルディブ滞在1日目

今日は、

・体験ダイビング の予定で、基本的には島内を探索の予定です。


カーテンの隙間から差す太陽の光に気付いて目を覚まし、そのまま光の方に進みカーテンをあけると、目の前には広大な海が。
s-IMG_3081.jpg


昨日の到着が夜中で気づきませんでした。

赤道直下の午前7時にしては高すぎる太陽のもと、40m先まで遠浅のきれいな海が続いています。


はやるきもちを抑えて朝食へ。

朝食はレストラン「Air」へ。ビュッフェ形式です。

s-IMG_3045.jpg


s-IMG_3044.jpg

エネルギーも満タンで部屋に戻り、いざ海へ!


・・・の前に部屋に付いてるプールで体を慣らし、

s-R0014943.jpg

改めて、海へー!温かい~。気持ちいい。

s-R0014946.jpg


シュノーケリングでは、カラフルな魚から小魚の大群まで色々。

s-IMG_4835.jpg

すると、海の向こうから、大きなカメが登場。初めてみる生ウミガメに大興奮。刺激しないように近付いて写真。

s-IMG_4817.jpg


その後もひとしきり泳ぎまわり、

部屋に戻り、海を見ながら昼寝(最高~)




夕方、モルディブツアーに付いている「体験ダイビング」へ。

インストラクター指導のもと、15分くらいのダイビング。
酸素ボンベをつけて・・・の経験ははじめてだったけど、海の中で思いっきり呼吸できたのは感動。

翌日に、本格的なダイビングコースを申し込んで終了。



さて、気付くと日も暮れて夕食の時間に。


夕食もAirにてビュッフェ形式。ここでもついつい食べすぎました。


泳ぎまくって、体が疲れていたのか、
夕食後すぐに、2人して爆睡。


モルディブの自然を体中に浴びて最高の休暇の始まりです。



シュノーケリングセット(使いやすくお勧めです、足ヒレが短いタイプです)

s-IMG_4989.jpg













モルディブ滞在2日目 初ダイブ・初スコール・初ウツボ

モルディブ滞在2日目

日本ではなかなかない、9時間超の睡眠(昼寝除く)を経て、朝。

今日は、午前中から昼過ぎまでに、ダイビングを予約してしているのと、
夕方からは、サンセットフィッシングがツアー特典でついています。


Airにて、朝食を済ませて、早速ダイビングセンターへ。

小一時間のビデオ講習を終えて、ダイビングスーツに着がえます。

s-IMG_4838.jpg


インストラクターからも丁寧な説明を受けます。
・レギュレーター(息するやつ)が泳いでる際中に取れた場合の対処法。
・水圧変化時の耳抜きの方法
・簡単な手信号

そしていざ、モルディブの海へ!!

初ダイビングの私はびくびくしながらも、水中での呼吸もすぐに慣れ、周りの水中景色に気付くと・・・

s-IMG_4842.jpg


ウツボ太郎
s-IMG_4844.jpg


ニモ助
s-IMG_4852.jpg



1時間近くかけて、島の半分をダイビングしました。きれいな海と多すぎる魚たちを見るのは人生初の貴重な体験でした。


申し込んだのはダイビングコースの中では一番基本的なプラン。
でも水中に1時間もい続けるのはなかなか大変。



ダイビングを終えて、部屋に戻る途中。部屋はまさにちょうどベッドメイキングの最中。

部屋の前で待っていると、超強烈なスコールが。あわてて大きな葉っぱで雨宿り。

s-IMG_4883.jpg

s-IMG_4885.jpg

日本のゲリラ豪雨を上回る勢いです。


ようやく部屋に戻ると、体中に疲れが、そして眠気が。。

そのまま昼寝へ、と思ったら、部屋のプールにお客さんが。

s-IMG_4888.jpg


時間はまだ14時。1日が長いモルディブです。



夕方からは、サンセットフィッシングへ。

s-IMG_4900.jpg


6組のカップル、(ほぼハネムーナー)がボートに乗り、30分ほど進んだポイントへ。

そこで、手釣り。

餌はハマチみたいな魚の切り身。
でも、これにかかるのって、かなり大型じゃね?

他の観光客が窓の外に釣り糸を垂らす中、自分は、ボート最後尾のデッキに立ち、糸を垂らす。
そこまでやらんでもくらいに、ゆらゆらと餌を動かしたり、

すると、、、、、

s-IMG_4902.jpg


でかい。そして、可愛くない。


でも、これだけはなかった。


地面を釣り上げたかと思うくらいの重さで引き上げてみると(男2人がかり)

s-IMG_4904.jpg


モルディブノヌシデハナイデスカ??

You are a good fisherman!とか言われながら、魚たちはどこかに保管されていきました。。。

釣った魚は翌日のご飯に出るそうな。(出なくていいいです。。。)


1日遊び尽くして空腹の2人は、夕食もがっつり頂いて、今日も1日お疲れ様でした。

寝つき早すぎる2人zzz




モルディブに防水カメラ(ケース)、必携です。iphoneも防水できますよ。





プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました