FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 結婚式 当日の様子

結婚ムービー スライドショー ~結婚2か月前~

結婚2か月前。

定番にもなりつつある新郎新婦主演のムービーに取り掛かることに。

本番では、新郎新婦の入場前や、お色直しの前の入場に使うことが多い?!

ただ、ムービーと一口にいっても、

・新郎新婦生い立ちムービー
・オープニングムービー(映画の告知や、演出幅の大きい動画)
・エンドムービー(当日の写真+出席者エンドロールのやつ)



など種類があって、式場にお願いすることもできるし自作もできる。
(業者にお願いすると、1タイプ5万円強ぐらいから)

僕らは相談の結果、お色直しの再入場前に「生い立ちムービー」を自作して流すことに。


パソコンの中から2人が出会ってからの写真を集めてみた。枚数にして20枚くらい。

それから大学時代の写真も集めました。

取捨選択はまだしないで、少しでもいいと思ったものはピックアップ。


親にも小さいころの写真を送ってもらった。せっかくなので親の若いころの写真もオーダー。
初めて見る写真もあって楽しい準備♪


そうこうして、約300枚近い写真がそろいました。(こういうとき、親って結構はりきるんです)



写真を選ぶ前に、アナログ写真も全部スキャンしてデジタルデータに。


さて、これを一覧にするいい方法はないものか。

WEBには、エクセルでアルバムを作れるファイルもあって試してみたがどうも使いにくい。


あと使う写真を選んだり、写真にコメントをつけていくんだけど、
共働きの僕らはそれぞれ会社の空き時間などに作業をするため、エクセルはファイルの同期がとりにくいという問題が発生。

いろいろ探したあげく、Google Picasa を使うことに。

これなら、写真を元データサイズのまま(圧縮なしで)アップロード、
一覧表示ができて、1つ1つの写真に説明文もつけられる。

WEBだからファイル同期の手間もないしアップロードも速くて快でした。

プレゼンテーション1
Picasa イメージ


写真を見ながら、◎(絶対使いたい!)、△(2次候補)、×(まぁ外してもいいかな)と仕分けしていった。

新郎3分・新婦3分・出会って2分、という構成で120枚くらいの写真を使うことに。
(結構多いけど、わりとスピーディに切り替えたら気にならない量だった)


写真をスライドショーにして見ることもできるし、コメントのイメージもわきやすい。


音楽も選んで(これが時間かかるw)、もろもろコメントも考えて完成。

ここらへんは演出部分なので、気が済むまで。


でも編集自体は驚くほど簡単。これで数万円の節約になるなら安いもの。


あと、せっかくなので、生い立ちムービーからもれてしまった写真たちをつないで、
待合室用のムービー、通称「垂れ流しムービー」も作成。

垂れ流しムービーに使うから、、、と、写真を迷いなく決められたので意外とおススメかも。


格言:自作のスライドショーで節約するべし




スポンサーサイト



ウエルカムスピーチ

ウエルカムスピーチ

披露宴開始の場面でもあるので、なるべく短く簡潔なスタイルがいいとのこと。時間にして2~3分


3つのパートで考えます、

【導入】ある程度の常套句から言葉をつなぎあわせるパート、
【内容】自分らしさを出す(披露宴のこだわり部分を)
【結び】締め、一番思いが伝わる言葉(これも常套句から選んでもいいかもしれない)


一番オーソドックスな形は、
【導入】皆様、今日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にお越し頂きまことにありがとうございます。
【結び】ごゆっくりおくつろぎ頂ければと思います。今日はよろしくお願いします。


他にも文例は下にある本を参考にした

そして、僕が一番いれたかった【内容】には、披露宴のこだわり部分を伝えた。

例えば、
・挙式の報告(海外挙式など)
・会場へのこだわり
・特別な人への感謝(出席の○○君の紹介で)
・おいしい料理を
・こだわりの演出がありますのでお楽しみに
・なれそめを簡単に
・新婦も一言

僕らは、レストランということで、料理を楽しんでもらいたかったのと、
新婦が頑張ってデザインなどした細かい演出を楽しんでもらいたかった。


で、実際に作った文章がこれ↓


【導入】
みなさま
本日はお忙しいところ
お越しくださいまして、まことに、
ありがとうございます。

【内容】
先ほどみなさんに見守って頂きながら
挙式を無事に行うことができ、
僕と妻の◆◆は心から幸せです。

ここからは、みなさんに
このレストランで有名なお料理を味わって頂きながら、
僕たちらしい披露宴を楽しんで頂きたいと思います。

【導入】
それでは、
短い時間ではありますが、
よろしくお願いします!



話してる最中に感じたのは、やっぱり声のトーンが大切で、そのトーンってやっぱり、精神状態によって大きく決まる。

導入は、ありがとうの気持ちで
内容は、楽しんでいってね!
結びは、よろしく!!の元気な感じ

わかってるようで、意外といざの本番ではできないんだな~




この1冊でスピーチの基本情報すべてがわかります。
【送料無料】新郎新婦のあいさつと手紙

【送料無料】新郎新婦のあいさつと手紙
価格:1,050円(税込、送料別)





豊富な文例集が参考になります





ラッキードラジェ

僕らが披露宴でやった演出です。

会場がとても盛り上がりました~~~


披露宴終盤のデザート、コーヒータイム。

出席者のもとへ、デザートのケーキが運ばれたくらいに。

司会から、
「皆様のもとに配られたのは、
 さきほど新郎新婦によって入刀されたウェディングケーキでございます。
 実は、この会場のどなたかのケーキにはドラジェが入っております。
 ドラジェが当たった方はお知らせください。
 それでは一斉にお召し上がりいただきます。どうぞーー!!」

※ドラジェ(アーモンドの実をお砂糖でコーティングしたおめでたいお菓子)


その発声で会場が一気に、にぎやかになった

ケーキを原型がなくなるくらい粉砕してる友人。
周りをきょろきょろしながら、あたりを探す先輩。
ケーキを普通にたべきっちゃった子どもたち。


そうこうしてると、新郎側から1名。新婦側から1名の当たりが!!

実は、このあたりは人を指名することもできる(おめでた人や特にお世話になった恩師とか)し、
グループ(大学友人の中から・・・)指定もできる。

僕らは友人というくくりだけでお願いしたので、誰に当たるかは僕らでさえも知らなかった。


そして、めでたく当選した方には、プレゼントを。

男性当選者には、これをあげた。




会場全員参加で盛り上がるので、オススメです。


格言:簡単なしかけで、盛り上がる演出を追加しよう




Thanks ボード

Thanks ボード


これは、写真から

サンクスボード


会場の出口に。

出ようとする出席者の方へ、ささやかながら最後の演出。


みんなが写真に収めてくれて、
なんとなくエンドロールの締めのような画になればなぁと。

制作時間は1時間程度。
ホワイトボードをカッターで切り抜いて、造花を貼付。

披露宴前は、何も置いてなくて、
式場の人にお願いして、披露宴中に玄関に並べてもらいました。


なんだかんだ、みんな写真を撮ってくれて喜んでくれていたので満足です。
新郎だけで準備した唯一の作(笑)

使った道具です。

ハレパネ


造花




ハレパネが余ったので、こんなものも作ってみました。

ユニフォーム

新郎の、歴代ユニフォーム・ミニチュア


格言:小物にこだわって、オリジナリティを







スピーチの情報収集

披露宴では大きくわけて、スピーチの場面が2回ある。


ウエルカムスピーチ

謝辞



まさに、始めと締め。

このうち、謝辞は、新郎の父がやるパターンも多い。
誰がスピーチをするかは、招待状の送り名によっても決まると思う。


僕らは、自分たちの名前で招待状を送り、結婚式・披露宴ともに、
新郎新婦中心の形で準備を進めてきたので、スピーチも僕らが行うことに。

ただ、奥様がスピーチ苦手なこともあり、すべて新郎1人のみの形に。


どうしよう。。。


スピーチするのは、苦手ではないけれど、
披露宴は、会社関係から両家の親族まで幅広くそして初対面の方も大きく出席される。

その場で、まさかの失敗は許されない。。


どうしよう。。。。


とりあえず、情報を集めることにしました。


購入してとても参考になった本を紹介します。


この1冊で基本情報すべてがわかります。

新郎新婦のあいさつと手紙

新品価格
¥1,050から
(2012/3/18 14:05時点)





豊富な文例集が参考になります

結婚のあいさつ・手紙・マナー―本人&両親

新品価格
¥1,155から
(2012/3/18 14:07時点)






プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました