FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 2011年05月

はじめまして

このブログは、結婚が決まってから結婚式までの
準備の過程を男の目線から綴ったブログです。

結婚の準備は、「初めて」の経験の連続。
1つ1つがわからないことだらけで
情報探しに時間がかかって、悩みながら判断しての繰り返し。
特に知識不足だった僕はなおさら大変でした


情報集めに時間をかけるよりも、どうせなら、
演出考えたり、手作り品凝ったり、オリジナリティの方向に磨きをかけたい!

大きなお金が動く結婚式だから、少しでもお得に、賢く準備したい!

そんな思いから、
回り道や遠回りを何度もしながら、どうにかこうにか結婚式を終えた今、
僕の失敗談や体験談がこれからのみなさんに少しでもお役にたてばと思います。

0095ee_20110625215530.jpg




関連記事
スポンサーサイト



模擬挙式 ~結婚1年前~

思い起こせば結婚式の1年ちょっと前。

結婚が決まって、さぁ何から始めようか? 何もわからない僕でしたが、

そんなとき、

既婚者の友人の勧めもあって、模擬挙式なるものに参加しました。

模擬挙式??

挙式から披露宴までの一通りを主役やゲストとして参加できるというもの。
タダでお酒やご飯も頂けるらしくすごく軽い気持ちで参加。

ブライダルフェア情報ならぐるなびウエディング。無料試食会など特典付きも

家の近場で探してみて、とりあえず、【フリジェリオ@大阪南堀江】へ。

当日、数組の参加者がそろい時間になると、挙式会場に案内される。

装飾やコーラス隊は本物っぽい。

しばらくすると、新郎新婦(モデル)と牧師(本物?)が登場。
讃美歌などは一部カットで、スピーディに進行。

僕らは一番近い親族席から見学。

指輪交換や誓いの言葉、キスは模擬キスだったけど一通り見学。

ブーケって結構でかい。花嫁のベールはこのタイミングであげるのね。
この照明からすると、黒よりグレー色のスーツがキレイかも~etc


友人の式に参列した記憶で、大体の流れはわかるけども、

いざ自分がその場に立つことを想定して、眺めてるのはまた違う。

ついついモデルたちに自分たちを重ね合わせてしまう。

式中もわりと自由に席を移動できたので、様々な角度から見学できます。

式後は、式場からの説明タイム。

実際に新郎新婦の位置に立ったり、入場してみたり・・・と 短い時間だったがイメージできました

実際にドレスも着せてもらったり
IMG_0841.jpg




そして会場を移動し、模擬披露宴へ。
アルコールも入ると、本当の披露宴みたいに幸せな気分に包まれてくる。


そのタイミングを見計らっての式場からの猛烈なアピールタイム。

「ここが初めてなので、もう少し他も見学したいと思います」などと言い訳して式場を出る。


まぁ、でも模擬挙式に出てみて、結構、有意義だった。今までにないデートにもなったし。。↑

まだ本番まで時間があるカップルは模擬挙式への参加オススメです。

気になる会場でやっていたら、絶対参加です。

それ以外の会場でも、必ずや学ぶところがあるでしょう。
ゼクシィとかで知識を詰め込むのも大事ですが、もっとラフに全体を見られる機会は貴重。


ただ式場が良く見えるようにアピールしてきます。いわゆるゲレンデマジック。


格言:模擬挙式で、成功イメージを抱くべし









[ 2011/05/12 21:43 ] 結婚 準備 模擬挙式 | TB(0) | CM(0)

人気の式場は1年前が勝負

人気の式場は約1年前に予約が埋まる。

ネットでこんな記事を見つけて、正直焦った

考えてみれば、今日は僕らが結婚式を挙げようとしている1年前にあたる。
そろそろ式場を決めないといけない。ふぅ。


式場を選ぶときに、僕らが式を行う上で大切にしたいことを改めて確認しました。


それは・・・


来てもらった人に最高に喜んでもらえるおもてなしをしたい


それがお世話になった方への感謝の形かなとも考えたわけです


趣味嗜好がバラバラのゲストに喜んでもらうと考えたら、
自然と「料理がおいしいところ、しかもとびきり」。という答えに。

演出にこだわったり、ムービーや余興がすごいのももちろんあり。
ただ僕らはまず、間違いない「食」に重点を置くことにしました。
でも実際、多くの式場が「料理」アピールをしてる。その中で選ぶのは正直難しい。

そもそもホテルかそれ以外かの違いもある。

僕らは、みなワイワイの式をしたかったので、
ホテルよりも料理で勝負してるレストランWeddingがいいかなと。


でも正直言うと、僕は結婚式は必ずホテルでやるくらいに思ってた(恥)

おごそかな感じで天井の高い会場で、高砂からスピーチする自分を想像してもいたし。。。

でも実際に口コミや本を調べ、探し回っていくとレストランの方が、
自分たちの求める式の形に近いとわかりました。

そして僕らの検索は、あるレストランWeddingの会場に行きつきます。。

フランス本店でミシュラン2つ星、日本でもミシュラン1つ星を獲得し、
注目が集まっているレストラン。

メゾン・ド・ジル 芦屋

0002_convert_20110625220012.jpg



結婚式には、親族含め、年配者も多く来る予定。
年配のゲストはグルメ意識も強いので、安心感を持ってもらえる
わかりやすい第3者評価(ミシュラン)があるところ。

彼女の友人でここの挙式に参加した人がいて大絶賛してたのも大きかった。
僕らも料理を食べたいと思ったことも強力な後押しに。


残念ながら模擬挙式は行っていなかったが、この式場はレストランだったので、
多くの口コミで料理の情報も得られたし、雰囲気も想像通りによさそう。

とりあえず今度見学に行ってみることになりました。


格言:式場選びは、何を重視するかのコンセプト選びでもある!







関連記事
[ 2011/05/12 21:47 ] 結婚 準備 式場選び | TB(0) | CM(0)

ジル芦屋に決めた!

結婚式1年前。人気の式場はどんどん予約が埋まる。

少しの焦りと期待をもって、レストラン、メゾン・ド・ジル芦屋の結婚説明会に行った。

0002_convert_20110625220012.jpg


お店に入った瞬間、西洋の家を思わせるような雰囲気に、
奥さんはもうメロメロw

レストランとしても有名だが、
結婚式となると、ガーデンウェディングができる(晴れのみ)。
緑の芝生の上で、友人知人が集まって、お祝いなんてにぎやかそうでいいねえ。

式場からの説明や相談を聞いてるうちに僕の心もかなり掴まれてた。

会場は午前の部と午後の部の1日2組限定。

しかもいろいろ貸切の強みで小物を置いたり、
自分たち好みの装飾にできるそう。アイデアもどんどん膨らんでくる。

僕たちの心は決まった。気持ちいいくらいの迷いなく。ここで結婚式がしたい!!
プランナーさんもとても気さくで、人間的に好きと直感的に思った。やっぱり直感も大事。


その日の興奮は、結局1週間経ってもしぼむことはなかったので、
正式にお願いした。


式場が決まった。

いよいよ準備が動き出したという感じ。
さっそく1回目の打ち合わせ日が決まった。


格言:数ある式場の中で、運命の出会いを信じるべし!!








関連記事
[ 2011/05/12 21:51 ] 結婚 準備 式場選び | TB(0) | CM(0)

1年前から準備すること

とりあえず式の3か月前までやることはなくなった。

ちょっと肩すかしw

でも、プランナーさんからは、この時期にやるべきこととして、

●どんな結婚式にしたいかイメージを固める
●招待客の人数を決める
●挙式のスタイルを決める(キリスト教式や人前式など・・)
●衣装、小物を選ぶ

を宿題で出された。

「この間に、やりたい演出や雰囲気などのメモ、切り抜きを集めてください」との指令も。
奥さんはこの時期に相当の雑誌を読んで、スクラップブックを作った。
でも結果的に、これがものすごく役に立つことに。

僕の方は、ゼクシィ男版を渡され、なんとなーく読みながら、毎日を過ごしていった。
パンでいえば、発酵の時間ですかね。

二次会のことでも、考え始めるか~

格言:来る時まで、結婚式イメージをふくらませる!!

⇒結婚式の情報収集に役立つ本を集めました







関連記事
[ 2011/05/12 21:53 ] 結婚 準備 式場選び | TB(0) | CM(0)
プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました