FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 2012年04月

汗の臭いや加齢臭を消す機能パンツ

汗の臭いや加齢臭を消す機能素材を使った下着が発売されているそうです。

結婚式は1日、長い時間座ったままですから、
おしりがムレなくていいかもしれませんね。

父親や親戚にもオススメできるかも





同素材のシャツなんかも



父の日のプレゼントにもいいかもしれませんね




関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/04/13 07:07 ] 結婚 準備 新郎衣装 | TB(0) | CM(0)

BGM 編集に便利なソフト

結婚式・2次会を盛り上げるBGM

選曲次第で、会場の雰囲気も大きく変わりますから、いいチョイスをしたいですね。


できるなら、盛り上がる曲を次々と、たくさん使いたいものです。


たとえば、曲のサビとかの、いいトコどりをつなげるとか。

少し、ゆっくり目の曲もアップテンポにするとか。



曲と曲をスムーズにつなげて、1曲に編集し直せば、会場でも再生だけであとは心配いらずです。


そんなBGM編集のニーズを、僕も持っていたので、PCソフトをいろいろと探しました。

最終的に見つけたのは、

audacityというソフト。


音楽が波形となって、さらに慣れ親しんだ、コピーやカット、ペーストが自由自在。

ウインドウズに慣れている人なら、すぐに使い方がわかります。


パソコンにインストールも不要なので、USBとかに入れておくのも便利かもしれませんね。







関連記事
[ 2012/04/15 19:55 ] 結婚式 当日の様子 BGM | TB(1) | CM(0)

結婚式余興ムービー

参考になる 結婚式余興ムービー 集

はてブ より


CMをパロディするのはやっぱり、わかりやすいですね

なるべく多くの参加者が登場させたいなら、九州新幹線のCMなんてもってこいです。

個人的には、サッカーボールをつなぐムービーも好きです



Sony Music Shop




関連記事
[ 2012/04/19 22:08 ] 二次会幹事 | TB(0) | CM(0)

お金に強い旦那になる!

新しいカテゴリを作りました。


題して:奥さんに説明するお金の話


結婚して、2人の生活が始まると、「お金」の問題がいろいろと出てきます。


生活資金に、家具の購入、

さらに人生の一大事、新居の購入、住宅ローンなども考えなくてはいけません。

ここらへんの数字の話、女性は特に苦手だったりします。


でも、勉強して少しの知識を身に付けるだけで、
住宅ローンなんかは、減税特典を受けられたり、お得になる話がたくさん。

動くお金が大きい分、お得になるお金もすごい金額になります。
まさに、金になる知識。


実は、僕も結婚をするにあたり、
これからたくさん迎えるお金の消費イベントを前に、
あまりに知識不足で不安になり勉強しました。


勉強したのは、ファイナンシャル・プランナー です。


税金の話、保険の話、年金の話。
学校では教えてくれなかったけれど、生きる上では大切なお金の知識。


このブログを読んでくださる方に向けて、
なるべく、大枠だけを、要点だけを書いていければと思います。
僕にとっても、ファイナンシャル・プランナーの知識の再整理をしていきます。


ファイナンスの知識を、身に付けて、奥さんにバシッと説明しちゃいましょう!!


ちなみに、ファイナンシャル・プランナーは、これから結婚をして、
家庭を持って、ライフステージを駆け上がっていく僕らの世代にこそ、
一番役に立つ資格かもしれません。

全部当事者意識を持って勉強できるのも、学校教育とはかなり違う意味で。


合格率は30%程度の国家資格ですが、取って損しない価値があるかも
ということで、興味が出たら勉強してみてください。





関連記事

日銀の金融緩和政策

経済の話を奥さんに簡単に説明できる基礎レベル理解を目標に
時事キーワードを解説します。


日銀の金融緩和政策

最近よく聞く話題です。でもこれってなんですか?


日銀が景気を刺激するために行う金融緩和政策は、
金利下げる出回るお金を増やすの2本柱

ただ、日本の金利はこれ以上下げれないところまで来ているので、
実質は、市場に出回るお金を増やす政策がとられます。

それを段階的に、追加してやっているから、追加金融緩和。


日銀が、世の中に出回るお金を増やすつまり、
日銀から各銀行へ現金を渡すには、各銀行が持ってる国債を買い上げて、
その代金が銀行へ入る方法で行います。


さて、市場に出回るお金を増やすとどうなるか?


銀行に現金が増えると、銀行はお金を貸そうとなります。
そうすると、企業への貸出を後押しして、景気全体の回復が期待できるという流れです。


ここまでが、本題です。



ちなみに、為替とのからみも書いておくと、

そもそも、ここまで円高が進んだ理由として、日米の金融政策の違いがありました。


アメリカは、金融緩和を発表(ドルの金利を下げる、ドルの供給量を増やす)している一方で、
当時の日銀はそこまでは金融緩和しない。

結果的に、日米の金利差が縮小→ドルの魅力が落ちて、それなら円を買おう→円買い→円高の流れでした。

ここで、日本が金融緩和をする→微幅ながらも日本の金利がさらに下がる→日米の金利差が復活→ドルの魅力アップ→円安へとなるのです。


ということで、ここからの金融緩和政策では、進みすぎた円高対策の期待がもたれています


ストーリーで考えるとわかりやすいかもしれませんね。

詳しく知りたくなった方はこちらもどうぞ(本文参考URLの1つ)
http://bizacademy.nikkei.co.jp/seminar/marketing/suisui_keizai/article.aspx?id=MMACl6000002032012&page=1




関連記事
プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました