FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 2012年09月

ものすごく整理されたBGMサイト

ものすごく整理された、ウェディングソング集

ウェディングソング.com

シーン別のオススメソングが紹介されていて、曲別のページに飛んでいくと、
Youtubeと連動してるのですごく便利です。


邦楽と、洋楽のジャンルわけもされています
(この区分けってありそうでなかった)


さらに、大規模サイトならではの人気ランキングも紹介されています。
みんながスキな曲を流すことで、盛り上がりが期待できます。


ブックマーク間違いなしのサイトでした。

ちなみに、僕らが当日使ったBGM集はコチラ


ハッピー・ウエディング・ソング






関連記事
スポンサーサイト



結婚指輪は毎日つける?


結婚指輪毎日付けてますか?


016350.jpg


結婚してから、結婚指輪は毎日つけるものなのでしょうか?


女性は毎日つけると思いますが、僕の周りの男性は、つけていない人も多いです。
特に年配の方は、ほぼつけてません。



なぜ?



その理由を聞いてみたら、



「つけたり、外したりで無くすから」




ならば、ずっとつけていれば?と思う意見もありますが、
スポーツや力仕事の時、たとえばゴルフのグリップを握った際、
婚約指輪が曲がっちゃったりするんですよね。


それで、つけたり外したりしてると、
だんだん面倒になってきて、外してしまう。


仕事柄、取引先が未婚の方だったりすると、
気を遣って、指輪をしないなんてケースもあるようです。



ちなみに僕は、毎日指輪をつけたり外したりしてます。


ルールは、家に帰ったら、指輪をはずす。

腕時計とセットで「つけ外し」を管理すると、
無くしにくいです(妻のアイデアです)。


指輪をはずしてから、家仕事をするので、
指輪がボコボコ、傷だらけにならずに、1年たってもまだピカピカの状態をキープできてます。





関連記事
[ 2012/09/02 22:20 ] 結婚してからのこと | TB(0) | CM(0)

指輪をオーダーメイドする

僕らは、指輪をオーダーしました。


奥さんの理想を100%かなえたくて、選ぶより、作ってしまおうという流れに。


ブランドにこだわらなければ、結果的に、
ブランドの指輪より、安く仕上がります。

もちろん、制作する業者はしっかり見極めなければいけませんが。


確かに、ブランド物の指輪もいいと思います。


すごくかわいいデザインもたくさんありますし、ここは考え方によるので、
僕らのオーダー指輪の話から、何かしら参考になれば幸いです。


詳しい話はコチラ



指輪デザインのシミュレーションができるサイト






関連記事
[ 2012/09/04 22:23 ] 結婚 準備 指輪 | TB(0) | CM(0)

『ゼクシィ』の光と影

独り勝ち・『ゼクシィ』商法の光と影、今や強者の驕りも垣間見え


何度もお世話になってきた「ゼクシィ」

ゼクシィ首都圏版 2012年 10月号 [雑誌]




その絶好調期の驚くべき事実と、今後の厳しい展望が綴られています。


気になったことを抽出してみると、

・ゼクシィへの広告出稿に渋っていた旧来挙式場

・ゼクシィの強大な影響力「最高の販促に」

・1つ決まれば、同エリア同レベル会場が芋づる式に契約する構図

・広告代1ページ100万円!


とまぁ、こうして驚くべき収益をあげてきたゼクシィ。
その情報量と比較検討のしやすさから僕も何度もお世話になりました。


しかし、これからは、結婚式をあげるそもそもの人口数が減少し、
シュリンクするブライダル市場への対応が課題ということでした。


ちなみに、結婚周辺市場は現在4兆円との試算だそうです。
通販市場が5兆円を突破という記事もありましたが、結婚市場の大きさがよくわかります。


ただ、ゼクシィ自体のかげりは見えるとはいえ、
現在でも、比較検討のしやすいツールであることは間違いないと思います。


あえて、自分には関係ないと思っている会場のページを読むことで、
新しい演出の仕方(その会場ならではの演出が、実は候補の会場でもできたり)とか、
ゲストの迎え方(ゲストハウスに和装の出迎え、などギャップがあるとゲストの印象にすごく残りやすいです)

新たな発見が生まれますよ



結婚式は、ゲストへの壮大なプレゼンテーション。
ふたりという人を、一番ふたりらしく印象に残すためにアイデアを出していきましょう。








関連記事

1億円の男

自分の金銭価値ははたしていくらか?



そんな漠然とした疑問をいくつかの切り口で、考えてみると、、、




ファイナンス的に金銭価値とは、
「将来にわたって生み出すキャッシュの総和が価値」とありました。

生み出すキャッシュ=年収?とするなら、


金銭価値=生涯年収 であると。

これも1つのわかりやすい例です。



でもそれ以外に最近僕が勝手に妄想しているのは、


投資リターンとしての考えで金銭価値を表す方法で、



年収でもらえる額を、投資で稼ごうとしたらと考えると、

仮に年収500万円なら、年間500万円純増で稼ぎ出すことを意味します。



投資利率5%とするならば、年間500万円稼ぎだすには、

500万円÷5%=1億円が必要
ということになります。


つまり、年収として1年間で純増分として稼ぎ出す500万円は、
1億円を5%の投資に置いて生み出す収益と同額。


だから、その元金こそが金銭価値であると。

つまり、年収500万円=金銭価値1億円



どうせなら、高い方がいいので、
1億円の男と勘違いしておきたいと思います。



雑談でした。








関連記事
プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました