FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 2013年03月

再び 二次会幹事になりまして・・・

二次会準備中

会社の同期が結婚することになりまして。
またまた幹事の仕事が回ってきました

今回は、リーダーポジションではなく、サブポジションという位置づけ。

これまでとは違う目線で準備をしていきます。


会場は京都です。

フローイング烏丸

店内


おしゃれな洋館を貸し切ってのパーティー

参加者の年齢層がやや高めで、落ち着いた雰囲気にぴったりです。
高い天井(写真)も広がりが合って、音などが反響しそうです。

当日は、披露宴の開始が遅いので、二次会も開始が8時頃と、
今までにない遅い時間帯でのパーティーです。


新郎新婦の共通の趣味が、スイーツと日本酒ということなので、
おしゃれな洋館にぴったりのスイーツと、
おしゃれな洋館と真反対の日本酒というギャップも何かしらの
イベントになりそうです。


ちょこちょこ書いていきます。






関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/03/02 11:30 ] 二次会幹事 | TB(0) | CM(0)

イベントを考える



幹事での1回目の打ち合わせがありました。



新郎新婦からのオリエン(大事にしたい)テーマは、

「ゲストとの歓談を」ということ。



まず、幹事として考えたのは、メインイベント(景品付きの)でした。



新郎新婦との歓談時間を確保する意味でも、

・時間がかかりすぎるものはNG、あと、

・映像モノも人の流動を妨げるのでやめようということになりました。



いっそのこと、メインイベントなしの案も考えましたが、まぁ、それはねぇ・・・



ということで、歓談もできるイベントということで決まったのが


「人名ビンゴ」



数字の代わりに、パーティー参加者の名前をマス目に書いていきます。

25個のマスに名前を入れて行く流れで、参加者同士の交流もあるし、

新郎新婦とも自然に話すようになる。



なんとも、合理的なイベントです。

(パーティー企画の本でも見たことあるくらいの模範イベントw)



僕自身はやったことないのですが、

他の幹事は、成功体験があるらしく、かなり盛り上がる!と、自信マンマンでした。





懸念点としては、

・参加者数と歓談(ゲーム準備)の時間を見積もること。それと、

・新郎新婦と話すことが義務的にならないようにしないとな~と。



新婦新婦が当日、全ての参加者のビンゴカードに名前を書いてたら

それだけで歓談の時間が埋まったなんてことがないように。どうさばくか。

ここはアイデア出し所です。





関連記事

2次会の景品は、豪華でなくても大丈夫


先日出席した二次会は、二次会恒例の「景品ゲーム」はありませんでした



その分、2時間ながらにも、時間はすごくゆっくりと感じられて、

新郎新婦は80人のゲスト全員と話せたと思います。



景品ゲームは無かったのですが、代わりに、プチギフトがすごく豪華でした。





もらったのは、五感のお菓子詰め合わせ

ぷちぎふとに


お値段だいたい、1000円前後みたいですが、プチギフトとしては、豪華ですよね。


五感のHP






僕、これすごく良いなと思いました。





確かに、景品ゲームで、1等 iPad!!とかすごく盛り上がります。

でも当たるのは1人。ゲストの95%はがっかりしちゃいます。



しかも、景品代が会費から捻出していることがバレたりする食事だと、さらに印象としては良くないかも。
(この辺りも、景品代は新郎新婦が持つべきと主張したい点です)



景品ゲームなしで、パーティーの盛り上がりを心配する方もいますが、

気心しれた仲間は、久しぶりに会うだけで充分楽しいんですよね。





ただこの、全員に豪華プチギフト作戦は、ちゃんとみんなが喜ぶプチギフト選びが重要です。



ここは奇をてらうよりも、有名ブランドのスイーツが安全かと思います。
(テレビとかで話題のものや、デパ地下で長蛇の列ができてるのとかいいかも)



自分では買わないけど、興味あるスイーツ が狙い目ですね。



景品ゲーム予算だいたい10万円を人数割りして、

1000~1500円あたりの有名なお菓子になることが多いかと思います。







関連記事

ペーパーアイテムを自作するか迷った時に、


ペーパーアイテムを自作するか迷った時に、



結婚式の準備は、なるべく予算を抑えたいもの。

だから、ペーパーアイテムは自作しよう!とする新郎新婦も多いと思います。



実際、僕らも自作しました。(完成品はコチラ



結果的には、オリジナル感もいっぱいで、より思い入れの強い式になりました^^

作って良かったな~と思います。



ただ、クオリティ的に、また残り時間的に「自作できるか」不安があるのも事実。

やっぱり会場に任せてしまおうか、悩むうちに時間だけが過ぎて行く。。。





そんな迷える方は、1度、自作にトライしてはどうでしょうか?





その代わり、自作にこだわるデッドラインを明確に設定しましょう。



そこから会場にお願いしてもぎりぎり間に合うくらいの余裕をもった

デッドラインがオススメです。






式場に自作に挑戦したいが、もし無理になったらお願いしたいと素直に相談して、

いつまでが、発注の期限かを確認します。



例えば発注期限が本番2週間前なら、1週間余裕見て、

本番3週間前まで、自作にこだわるということです。





自分たちの結婚式ですから、自作にこだわりつつ、

でも保険を見ておいて、安心して思いっきりチャレンジしてください!




関連記事

自作ペーパーアイテムは、いきなりパソコンに向かわない!

自作ペーパーアイテムは、いきなりパソコンに向かわない!



ペーパーアイテムをとりあえず自作しようと決めたカップル。


いきなりパワポとかで、作りだすのはやめましょうね



まずは情報収集が大切です。

ここが最終クオリティの8割以上を決めると言っても過言ではないように思います。





例えば招待状なら、、、

アナログですが、手書きでデッサンして

フォントも、カラーリングも、じっくり悩みましょう

見本にしたいデザイン(現物があればなおよし)も探しましょう!

文言はデザインより後回しにしがちですが、男性の年配層は文言をしっかり読む方もいますから、

オリジナル派でも、テンプレート選び派でも、ちゃんと考えたいです。





僕らも、自作にこだわりましたが、オリジナルのものが作れる以外に、

実はもっと助かったことがあります。





それは、ペーパーアイテムを作ることが、そのまま

2人の結婚式のコンセプトを作ることにつながったこと





コンセプトが決まると、

今後さらに出てくる多くの悩みどころ(例えばレイアウトや装花のイメージ)を

判断していく際にも役立ちますから、時間がかかっても、

ちゃんとコンセプトを決めて行きましょう。



逆に、コンセプトさえ決まれば、デザイン他すべてが考えやすくなります。









関連記事
プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました