FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 二次会幹事 > デキル幹事の心得 > 幹事にどこまで任せるか??

幹事にどこまで任せるか??

いろいろと決め事や作業も多い二次会で、
スムーズに準備を進めるためには、新郎新婦と幹事の連携が不可欠です。

けれど、これが結構、モメることが多い。。。

その理由の多くは、幹事に任せる区切りがはっきりしてないこと。
ここでは、新郎新婦と幹事のいい関係について書きます。


幹事へのお願い分量を、新郎新婦が頑張る順に3パターンに分けると、

①当日仕切りお願い型

二次会当日の司会や裏方だけをお願いする。
新郎新婦が主に準備の様子して、手伝いが欲しいときだけ幹事にお願いする。
自分たちの思い通りに演出できるし、最高の思い出の1つになることは間違いない。
幹事に一番迷惑をかけずにすむタイプでもある。

僕らが新郎新婦のときは、このパターンで進めた。

感想としては、自分たちらしい会にすることはできたけど、
準備中は披露宴の準備とも合わせて本当に大変だった。
新郎新婦ともに、協力的で時間がある2人なら考えてもいいかもしれない。
そのときの準備の様子


②協力型

新郎新婦と幹事で相互に協力するタイプ。一番多い進め方。
どこまで幹事にお願いするかの線引きを明確にする必要あり。
会場選びは新郎新婦、プログラムとゲームは幹事。などなど。
新郎新婦の希望は、早めに伝えておくこと(聞いておくこと)。

このタイプで進めた友人の二次会準備


③幹事丸投げ型


二次会の準備をほぼすべて幹事にお願いして、
新郎新婦が決めることだけ幹事から質問していく進め方。

新郎新婦は何より楽。披露宴に集中できる。
ただ、新郎新婦の希望通りにいかないこともあり得るタイプ。

このタイプで進めた、先輩の二次会準備


どれも、長所と短所があるので、自分たちの二次会への思い入れ具合と幹事の人たちの協力度にもよるかと。

ただいずれの場合も、やりたい二次会の雰囲気やコンセプトを早めに明確にすることは多いに役立つ。


こんなこと決めずに、とりあえず都度判断していこう!とか思っていると、

後でけっこうもめたりするので要注意。

任すところは任す。何を任すか、仕事をどこまで頼むか、超重要です






関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました