FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 二次会幹事 > デキル幹事の心得 > 二次会で赤字に!!なんてことにならないように

二次会で赤字に!!なんてことにならないように

お金の管理は、スマートな幹事の基本のきです。


二次会のお金の扱いについて、経験者目線からお話します。

まず、収入と支出の大枠から考えていったときに、

収入は、参加者からの参加費、お祝い金、新郎新婦からのお金。

支出は、会場への支払(場所代、料理とお酒)、
景品代、ギフト代、幹事の打ち合わせ費用が主なものです。



ここで、新郎新婦からいくら、出してもらうかで中身は大きく変わるというのが実感。


例えば、景品代は全部新郎新婦からとすれば、
ご飯とお酒に予算をまわすことができるので、当然参加者の平均満足度は高くなります。

逆に新郎新婦からは、ほとんどお金とらないとなれば、
参加費をあげるか、料理レベルをさげるしかなく、参加者の満足度は下がってしまう。


「こんなに参加費払ったのに、ご飯これだけ?」という不満が出ることだけはなんとかさけたい。


また、当日必ずドタキャンする人が何名かいるので、その分も想定にいれておきます。

僕が、新郎新婦として、また幹事としてお金を管理していたフォーマットを公開します。

収支計算書


ドタキャン何人で赤字になるかも計算してます。

デキル幹事と呼ばれるために、何より新郎新婦へのみんなの印象をアップさせるために、
お金をうまいことやりくりして、参加者の満足度を高いものにしたいですね。


女性はお金よりも理想を追い求めがちなので、予算の割り振り等、ここは男性幹事の出番です。




関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました