FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 二次会幹事 > デキル幹事の心得 > 照明と音響で二次会のクオリティをあげる

照明と音響で二次会のクオリティをあげる

二次会の幹事として、クオリティをあげて参加者を喜ばせたい!



そこで意識すべきは、照明と音響です。
イベントごとに、これらのタイミングを合わせると印象が全然変わってきます


先日の会では、照明担当1人、音響担当1人を専属でつけました。
掛け持ちでなく、贅沢に1人ずつの担当をあてました。



余興が始まるとき、
会場がパッと暗くなるのに合わせて余興の音楽やDVDを流しましょう。
参加者に始まる感や期待感が演出できます


歓談にはいるときなら、
会場を一気に明るくして、楽しい音楽(頭にサビがある曲がオススメ)で入りましょう
この前は、「この木なんの木、気になる木~」が完全にツボでした



BGMを1つのCDに入れて、リピート も確かにありです。

けれど会場の雰囲気にあわせて曲を選んでいければ、参加者の満足度はきっと高まります。


Itunesの入ったパソコンとスピーカーをつなげるのはどうでしょう?

音質はCDより悪くなりますが、
それよりも音楽スタートのタイミングが自由にできたり、
選曲できるほうがメリットがあるかもしれませんよ。


曲の構成としては、

会のはじめは、参加者もテンション高いので洋楽系のメジャーな曲がオススメ、

会の途中からは、余興もあるので、余興の邪魔にならないおしゃれな洋楽系、

会の終盤は、クライマックスに向けて、少し落ち着いた感動系や日本の曲


日本語の曲は耳から入ってきても思わず口ずさんだりします。
そういう意味では扱いが難しい、多用すると会の進行テンポが悪くなります。
注目イベントの前後などは効果的かと思います。







関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました