FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 二次会幹事 > デキル幹事の心得 > 2次会の会費を決める時の考え方

2次会の会費を決める時の考え方


2次会の予算を考える時に、
参加者の会費をいくらに設定するのがいいのでしょうか?

関東、関西での平均的な2次会予算は(All aboutより)、
男性、7000円
女性、6100円

となっています。

ただし、会場や参加者の年齢層によっても、
会費はケースバイケース。

参加してくれた友人知人が、
「参加して良かった」と思ってもらえるような会にするために、


僕の考えでは、二次会への満足度として、やはり、祝いの席とはいえ、
費用対効果の面を意識すべきと感じています。


ここで大事なのは、参加者が感じる満足度。
余興の面白さ?景品の豪華さ?いろいろありますが、

まずは、飲食への満足度と考えるべきでしょう。


参加者に二次会の感想を聞くと、
「余興がよかった」とか「景品」の話がまず出てくるのですが、

それはあくまで記憶に残るわかりやすい例で、
基本的には支払う会費に見合う、ご飯がお腹いっぱい食べられたか、
ドリンクも、種類豊富に飲むことができたか。が重要です。

基本欲求に勝るものはないですから。


だから勘違いしてはいけないのは、
幹事として、ちょっと会費が高くても、
余興とかで頑張ればいいかなと思っていると大間違い。



当然、参加者も会費には、
飲食代+お祝い分があることを知っていますから、基本飲食より高くなるのは了解しています。
けれど、ご飯代で数千円と考えると、結構いいもの食べられます。飲めます。


「二次会に払うなら、他で美味しいもの」をとならないように、
飲食代に見合う会費にするのが大事だと思います。



会場選びの際は、ご飯やドリンクの豊富さも決して軽視せずに、
選ぶといいと思いますよ!!



関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました