FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 二次会幹事 > デキル幹事の心得 > 失敗しない二次会の参加費設定

失敗しない二次会の参加費設定


過去2回のポイントとして、

・飲食に見合う参加費設定


・事前見積もりのプラス15%程度を参加費でまかなう



と書きましたが、前提条件として、

参加者への景品代を、新郎新婦からもらう としていました。


しかしながら、新生活は何かと物入り。


ただでさえ、結婚式で大きなお金を動かした新郎新婦ですので、
景品代も含めて、2次会では新郎新婦の負担をなくしたいと考える方もいると思います。


そんな景品代を新郎新婦からもらわない「すべてを参加費でまかなう」場合、
例えば、当初新郎新婦がイメージする景品代総額が10万円くらいなら、
参加費をあげてまかなうよりも、
まずは、7~8万円くらいに景品代を節約することを考えましょう



参加費をあげると、飲食への満足度はさがっていきます。
また、ドタキャンへの対応も厳しくなっていきます。
(参加費のアップがドタキャンを呼ぶ?こともなくはないので)


アイデア次第で、7~8万円でも充分素敵な景品を
用意することができますよ。

その話は、また後ほど。
関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました