FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 二次会幹事 > デキル幹事の心得 > 「コンセプト」を決めると、準備が3倍楽になる

「コンセプト」を決めると、準備が3倍楽になる

結婚式や二次会は2人らしさ、オリジナリティを持たせたい

というカップルは多いと思います。



先日、参加した結婚式では、
新郎新婦が「大の沖縄好き」ということで、沖縄づくし。



席次表も、松竹梅・・・ではなく、

宮古島、伊良部島・・・といった島の名前。オシャレですね。



「沖縄」というビッグコンセプトが決まっているおかげで、

引き出物も「琉球ガラス」や「沖縄フルーツ」「かりゆしウェア」などと、
コンセプトを貫いた演出が可能に。考えるのも楽です。


本番では2人の登場曲やBGMに、沖縄音楽を使えば、
すごーくゆったりとしたリラックスできる会になりますね。



結婚式や二次会を自分たちらしく、演出したいカップルは、
ぜひ、統一コンセプトを決めましょう。




コンセプトを決めるのに、たとえ1カ月かけても、
最後は決めてよかったと思うはず。



「沖縄」みたいにワードで言えるのが一番ですが、
「パリみたいに少しおしゃれに」という形容詞やイメージをコンセプトにしてもいい。



とにかく、迷った時に、判断の軸となるコンセプトがあると、すごく助かります。
もちろんこれは、幹事をお願いする時にも言えること。



女性は、ある程度、自分が輝く理想を思い描いているイメージがあると思うので、
「ナチュラル」「かわいい」「ふんわり」「わいわい」「にぎやか」「ロック」・・・
イメージを言葉にしてあげるのは新郎の仕事かも。


2人の共通の趣味や、出あった場所、偶然一致したプロフィールとかでもいいですね。


せっかくの記念日ですから、ゲストにも印象深く残るよう、
コンセプトを明確にすることをオススメします。





ちなみに、本家本元の沖縄での二次会の話をすると、
・参加費が異様に安い(3~4000円くらい!)
 ⇒泡盛を効果的に使ってお酒代が安い
・会えたらみな友達という、すごく間口の広い寛容さ
・最後はみんなで踊る(アイヤッ、アイヤッ!)
・ちなみに、夜は深~く深~くまで(お酒に強い人たちですから)


関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました