FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 二次会幹事 > デキル幹事の心得 > イベントを考える

イベントを考える



幹事での1回目の打ち合わせがありました。



新郎新婦からのオリエン(大事にしたい)テーマは、

「ゲストとの歓談を」ということ。



まず、幹事として考えたのは、メインイベント(景品付きの)でした。



新郎新婦との歓談時間を確保する意味でも、

・時間がかかりすぎるものはNG、あと、

・映像モノも人の流動を妨げるのでやめようということになりました。



いっそのこと、メインイベントなしの案も考えましたが、まぁ、それはねぇ・・・



ということで、歓談もできるイベントということで決まったのが


「人名ビンゴ」



数字の代わりに、パーティー参加者の名前をマス目に書いていきます。

25個のマスに名前を入れて行く流れで、参加者同士の交流もあるし、

新郎新婦とも自然に話すようになる。



なんとも、合理的なイベントです。

(パーティー企画の本でも見たことあるくらいの模範イベントw)



僕自身はやったことないのですが、

他の幹事は、成功体験があるらしく、かなり盛り上がる!と、自信マンマンでした。





懸念点としては、

・参加者数と歓談(ゲーム準備)の時間を見積もること。それと、

・新郎新婦と話すことが義務的にならないようにしないとな~と。



新婦新婦が当日、全ての参加者のビンゴカードに名前を書いてたら

それだけで歓談の時間が埋まったなんてことがないように。どうさばくか。

ここはアイデア出し所です。

関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました