FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 全体進行スケジュール > どこまで完成度を高めればいいのか。

どこまで完成度を高めればいいのか。

結婚式の準備はキリがありません。

どこかで、線引きをしないと。


でも、初めてやる結婚式準備。なかなか「これで満足」と思える瞬間は
こないものです。



そんなときは、原点に立ち返りましょう。



何のために、結婚式を行うのか。




新しく夫婦になる自分たちが、カッコよく見られるため?


そんな、私利私欲も、もちろん無いとは言いませんが、もっと大きな意味は、



参列者に、感謝を伝えるため。ではないでしょうか。




そう考えられたなら、今、突き詰めてる準備が、
参列者に感謝が伝わる方向へのブラッシュアップなのか、
ただ単に「すごーい」と言わせたいがためのブラッシュアップなのかが見えてきます



ついつい、豪華で、見たことない演出いっぱいの結婚式を目指しがちですが、



今まで、出席した結婚式を思い出してください。


どんな場面が記憶に残ってますか?




新郎新婦のストレートな言葉。であったり、

テーブル上に置かれた小さなメモ書きだったり、

ムービーに書かれた、たった5文字の「ありがとう」だったり、


意外と、決して派手な演出ではないありふれた場面だったのではないでしょうか。


受け入れる側も、想像もつかない場面より、
慣れた場面の方が、言葉や中身まで、読み取ってくれたりするのかもしれません。



今、自分たちがこだわりにこだわってる結婚式準備も、

参列者への感謝が伝われば、それが最高の完成度なのだと思います。




ついつい、新婦は頑張りがちですから、

新郎さん、ここはひとつペースを落としてあげましょう。


この先の夫婦生活でも、いろいろ覚えておきたい考え方です。
関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました