FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 結婚式 当日の様子 > スピーチ > スピーチをよりよく伝えるために

スピーチをよりよく伝えるために

スピーチで思いを伝えるために大切なこと


実はそれは、「しゃべり方」。

メラビアンの法則 でも有名だけど、

◎メラビアンの法則 ~相手に与える影響の割合
1 目から入るもの(目線、目つき、姿勢、態度、表情、服装、ジェスチャーなど) 55%
2 耳から入るもの(声の大きさ、リズム、スピード、抑揚など) 38%
3 話の内容など言語情報 7%

つまり、What to say よりも How to say が大事ということ。

これまで散々スピーチの内容を考えてきたので、内容がある程度固まったら、もっと大切なしゃべり方を考えていきたい。

披露宴の場なので、親族や会社の人など目上の人を意識しつつ、でも固くなりすぎない雰囲気を目指して。

僕も早め早めに文章は考えておいて、しゃべり方の練習に時間をさいた。
実際には、原稿作成と発声練習は4対6、もしくは3対7ぐらいで発声練習を重点的にやったほうがいいかもしれない。


参考本から実践したのは、、、

ゆっくり話す(子どもに絵本読み聞かせくらいに)
立ち振る舞い(姿勢よく、胸を少し張る)
目線(見やすい友人を。会場全体を∞に見つめる)
息つぎ(少しずつ、呼吸の間をとる)


あと、「させて頂きます」は、書くのは簡単だけど、しゃべるのは相当むずい。噛みポイントになるので要注意。


ウエルカムスピーチなら、緊張の新郎が思いっきり噛んで、会場も和むだろうけど、
謝辞はせっかくの感動ムードなので、変な小さい笑いでつまづきはしたくない。


発生練習を繰り返して、書き言葉を話し言葉にする。
文ももっと短い方がよいかも。。

・・・と言いながら、本番が近付いてくる。



格言:スピーチで大事なのは、話し方!  に注意させて頂きます!!



関連記事
スポンサーサイト







コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました