FC2ブログ

結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ

結婚は男性にとっても一大事!準備は大変ですが、最高の1日が待ってます。スケジュール管理、費用やお金、衣装など結婚準備と結婚生活を男目線で紹介していきます。
結婚!男が綴る準備ノート@結婚ブログ TOP > 親孝行の旅 > 準備編 > ESTA

ESTA

定年を迎えた父親の退職祝に、両親とハワイへ親孝行。
ほとんど海外旅行の経験がない両親が、安心してハワイを楽しめるように、時間をかけて準備をしました。
これらの情報がみなさんのお役に立てば光栄です。



ESTA

両親が海外旅行に漠然と抱く不安。それは、「手続きがすべて滞りなくできるか不安」でした。

このESTAの事前申請こそまさにそれ。


実は、僕もESTA制度が始まって以来、初めてのアメリカ渡航だったので、申請は初めてです。

見やすいサイトを見つけました

http://esta-travel.seesaa.net/


ESTAって、絶対やらないといけないのですね。しかも有料。。。。
1人14$みたいなので、円高の早めに申請してしまおうと思います。

渡航1ヶ月前。手続きに取りかかりました。

以下、手順は上記HPや、公式の米国大使館のHPをご参照ください。


必要な情報は、
パスポートNo、発行年月日、有効期限などです。

ただし!
パスポート情報は一度、まちがって入力すると修正できないそうなので、慎重に入力をしましょう(最低3回は見直しを)。


両親の申請を代行しました。


ゆっくり時間をかけて、何度もチェックをして申請すると・・・

こんな画面が!?

ESTA保留


あれ、何か間違ったかな? 保留中の文字が・・・(汗)

父親の疑わしきところをかたっぱしから考えました。
まさか、おならの臭さが入国拒否レベルに達したのか
いや、休日は家で寝てばかりいる体たらくな人間はアメリカに入れないのか
魚が嫌いな人間は入国できないのか、いやむしろ肉主義は歓迎されるはず・・・





とりあえずできることもないので、6時間ほど時間をあけて、もう一度申請画面を開いてみると、


「許可」の文字。

ESTAOK


よかった。家族みんなでホッとしました。
たぶん、代行のところにチェックがもれていたのだと思います。



特に、小さい文字が多いパスポート情報ですから慎重にやりましょう。

これでまた1つ心配事がなくなりました。



準備にいろいろとお世話になりまくっている本です。
関連記事
スポンサーサイト







[ 2011/08/25 22:50 ] 親孝行の旅 準備編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

shin

Author:shin

2011年春に挙式をあげました。
僕の体験や失敗が少しでもお役にたてば光栄です。


ブログに載せているのはあくまで個人の体験です。
個々の事情を考慮しておりますのでご了承ください。

新郎の革靴 オススメ品
革靴はレンタルよりも、結婚後も重宝する1足を

冠婚葬祭にふさわしいストレートチップモデル
僕も当日、はきました